研修発表会

大きなテーマを掲げ、集中的に資料収集と研鑽を行い、そのテーマにかかわった女性たちの哀歓、社会背景をもとに、物語りとして脚本化し、ミュージカル方式にて舞台で発表する。5年を節目とし実施。

法人設立十五周年記念研修発表会

■平成22年3月 於:横浜関内ホール

■記念講演 株式会社資生堂名誉会長 福原義春氏

■発表テーマ 「愛しの銘仙 機織り物語」

■目的 北関東の山間部で生産された絹織物の銘仙は、明治、大正、昭和と一般庶民に愛され、誰もが着て、服飾史上に残る一時代を築いたが、およそ100年でその生産が途絶えてしまいました。

法人設立十五周年記念研修発表会法人設立十五周年記念研修発表会

法人設立十周年記念研修発表会

■平成17年4月 於:横浜関内ホール

■記念講演 元沖縄知事 大田昌秀氏

■発表テーマ 「藍から紅へ」― 琉球と紅型と女たち ―

■目的 沖縄が戦争ですべてを失い、人々が廃墟から立ち上がり、伝統工芸を復興させた中で紅型を蘇らせたのは、手わざを身につけた女性たちが中心でした。

法人設立十周年記念研修発表会法人設立十周年記念研修発表会

法人設立五周年記念研修発表会

■平成12年3月 於:横浜関内ホール

■記念講演 憲法学者 土井たか子氏

■発表テーマ 「オナリたちの新南風」― 奄美と紬と女たち ―

■目的 平和な琉球王朝が江戸時代、徳川幕府の侵略により日本の統治領となり、厳しい政策の中で、女性たちは夜なべに糸を紡ぎ、大島紬を伝承し、忍従に耐えながら島の経済を立て直しました。

法人設立五周年記念研修発表会法人設立五周年記念研修発表会

社団法人設立記念研修発表会

■平成8年年3月 於:横浜関内ホール

■記念講演 前神奈川県知事 長州一二氏

■発表テーマ 「絹遍路」― 庶民が歩んだ絹の道 ―

■目的 絹(生糸)と人のかかわりを通して、エネルギッシュに生きた女性の生活史を謳いあげました。

社団法人設立記念研修発表会社団法人設立記念研修発表会

創立15周年記念発表会(第6回)

■平成3年3月 於:横浜関内ホール

■記念講演 日本有権者同盟副会長 紀平悌子氏

■発表テーマ 「木綿の辿り日」

■目的 江戸時代の奢侈禁止令により、木綿の需要が爆発的に増え、庶民の衣服の代表となりました。木綿の生産を支えたのは女性たちであり、大地から生まれ、大地に還るエコロジー素材です

創立15周年記念発表会(第6回)創立15周年記念発表会(第6回)

第5回発表会

■昭和62年3月 於:横浜関内ホール

■鼎題 いま、女、出発ち

女性会議 大規勲子氏

評論家   藤井治枝氏

新聞記者 王井桂子氏

ミュージカル 「激流に立つ群像」― ヴィヴィットに生きたよこはまの女たち ―

第5回発表会第5回発表会

10周年記念研修発表会(第4回)

■昭和60年2月 於:西公会堂

■記念講演 東京経済大学 宮崎義一氏

■発表テーマ 「きもの下剋上」

きものの大きな移り変わり、そして現在までの歴史を発表。

平安の美

小袖の起こり、元禄の華、モダニズム

和裁、リフォーム作品発表

10周年記念研修発表会(第4回)10周年記念研修発表会(第4回)

第3回研究発表会

■昭和57年11月 於:県立婦人総合センター

■発表 よそおいの移り変わり 衣服にみる女性史

和裁部、リフォーム作品発表

着つけの基本と帯結び

第3回研究発表会第3回研究発表会

第2回研修発表会

■昭和56年12月 於:横浜市開港記念会館

■記念講演 慶應義塾大学 白井厚氏

■発表 日本のしきたりとよそおい

和裁作品ショー

着つけの基本と結び

第2回研修発表会第2回研修発表会

第1回記念発表会

■昭和55年12月 於:横浜市開港記念会館

■記念講演 作曲家 中田喜直氏 / 資生堂 山内志津子氏

■発表 着つけの基本と帯結び

和裁作品発表

第1回記念発表会第1回記念発表会