四季の展示

四季の展示 夏の半衿

2016-07-13

半衿は時代とともに変わっていきました。

明治・大正期には地味なきものに美しい半衿をたっぷり見せ、華やかに装う美意識がありました。

大正期には特に“流行は半衿からうまれる”とまで言われ、友禅染や刺繍を施したものなど、色彩豊かな

モダンなものが好まれ、きもの姿のポイントはまさに半衿でした。

この度は服飾文化研究会所蔵の半衿の中から季節に合わせた涼感のある夏の半衿を選んでみました。

お楽しみください。