四季の半衿

半衿はいったいいつ頃から用いられるようになったのでしょうか。桃山時代の女性の風俗画に見られるように古くからあったとの記述があります。頭髪との関係もあり、さまざまな布を使いきもの衿の汚れを防ぐ目的もありました。
現在のように耳つきの半衿地が織られたのは明治二十九年のことです。友禅染めのおしゃれな半衿も出はじめ、専属の図案家をおく店もあり、新柄が出るとどんどん売れたそうです。蜻蛉模様が盛んに流行したのも日露戦争(明治三十七~三十八年)大勝の国民のシンボルであったと、半衿にも、その時代を映し出しています。
半衿がきもの姿のポイントとなり、デザインが多岐多様になったのは大正時代です。“流行は半衿から”の言葉もあり、半衿全盛期を築きました。三越デパートで、エジプト文化の展覧会が催され、その影響で古代の洋楽器など、エジプト模様の半衿が流行しました。そして半衿は女性の間で一種の美術品のように取扱われ、ときには、千金を投じて高額な半衿を求めることもあったそうです。
この度は調査研究室の半衿の数々より、四季の草花を集めて展示いたします。お楽しみ下さい。

椿 縮緬

椿 縮緬

寒風の中、凛として咲く椿は美しさと力強さも感じますね。日本原産で髪油や化粧品として使われ、高貴な花、神聖な花として愛らしい小紋、華やかな振袖や帯、半衿にと女性たちを彩っています。

南天 絽縮緬(九本絽)

南天 絽縮緬(九本絽)

難を転ずる語呂から縁起木として珍重され、吉祥文様として愛される文様です。初夏に小さな白い花を咲かせ冬に赤い実をつけますが白い実もあります。夏の装いに涼やかな冬を思うモチーフとしても活躍してくれます。

梅 縮緬

梅 縮緬

厳しい寒さの中でも薫り高く咲くことから「百花の魁(さきがけ)」と呼ばれ尊ばれてきた梅。白梅は香を、紅梅は色を楽しむといわれる花です。ふわり気品漂う香りがしてきそうな半衿ですね。

桜文 平絹

桜文 平絹

桜は古くから、また、どの時代にも愛されてきました。平安時代に代表的な春の花桜色につゆ桜、源氏香などの刺繍を施した格調高い半衿です。

夏の柳 経絽

夏の柳 経絽

一見単純に見えながら風の動きや空気の流れを感じさせる柳。経絽の青地に描かれた柳は夏の一風の涼を演出し、まさしく盛夏に身につけて楽しみたい半衿です。

撫子に萩

撫子に萩

大正時代に流行した経絽は、経方向に透き間を現わした搦み織の夏生地です。また、目の覚めるような鮮やかな色調も、化学染料が広
く用いられるようになったこの時代の特徴です。

薔薇の花 二越縮緬

薔薇の花 二越縮緬

古くは紀貫之の歌にも詠まれた薔薇の花。 赤いふっくらとした二越縮緬地に立体的に刺繍されている多弁の白い薔薇の文様は華麗な姿を見事に写し取っているものです。

龍田川 二越縮緬

龍田川 二越縮緬

流水に紅葉を散らした文様を龍田川とも言います。古くから和歌にも多く読まれた龍田川は、法隆寺にも近い奈良県の斑鳩地域を流れる紅葉の名所です。

銀杏 縮緬

銀杏 縮緬

樹齢が長く葉は扇に似ている事から末広がりの縁起物の意もあります。家紋に多く五つ銀杏、角切り銀杏等、役者紋にも使われ、徳川家が葵紋を使用する前は剣銀杏紋を使用していました。

楓と乱菊 縮緬

乱菊  縮緬

紅色の縮緬地に金糸で刺繍された乱菊。乱菊は花弁を長く大きく表現し、菊の中でも最も華やかに映える表現です。

籬菊 二越縮緬

籬菊 二越縮緬

光琳風にシンプルな線で描かれた籬菊とひなびた家屋との風情がなぜか懐かしく感じます。明るめの緑色地が初夏を想わせますが菊の季節にこんな半衿も着物姿を引き立たせる事でしょう。

柳 絽縮緬

柳 絽縮緬

枝垂れ柳の葉が風になびく衿元は、涼しげで夏の暑さを忘れさせてくれます。柳はその強い生命力から、おめでたい植物とされ、文様には枝垂れ柳や猫柳、早春の芽柳などが使われます。

梅 二越縮緬

梅 二越縮緬

見事な古木の梅の花が春を待ちます。
厳寒の中、百花に先駆けて咲く梅は、逆境に耐えることから縁起のいい植物とされ、その文様は単独やほかのものとの組み合わせで、広く使われています。

遠山に梅 楊柳縮緬

遠山に梅 楊柳縮緬

青紫地の大正期の半衿「たとえてもいわむかたなし月影に薄雲かけて降れる白雪」覚性入道親王の歌の下の句でしょうか。深い夜空の月に薄雲がかかるように降る雪と梅の白さが際立ちます。たとえようもなく美しい風情。

桜 二越縮緬

桜 二越縮緬

夜桜を連想させる華やかな半衿です。黒地に桃色の組合せは現代の若者にも人気のある色合い。成人の日には振袖姿をより一層引き立ててくれるでしょう。

牡丹 二越縮緬

牡丹 二越縮緬

牡丹は古くから「百花の王」とも称され、花びらが大きくて多いので、高貴や美しさを意味するものとして知られています。その牡丹を半衿に用いることにより、地の紫色と相まって、艶やかで印象的な一枚になっています。

流水に藤 絽縮緬

流水に藤 絽縮緬

透かし織りの入った絽縮緬地に、清らかで、すがすがしい流水と、華麗な房状の藤の花です。のびやかで涼し気な印象で、六月にこそふさわしく、おしゃれな人は、細やかな季節感を模様に託していました。

杜若 絽縮緬(九本絽)

杜若 絽縮緬(九本絽)

美しい青色を碧琉璃と言います。宝石碧瑠璃のような地色に杜若。花言葉は「幸運は必ず訪れる」。万葉集では恋人を待つ想いに多く使われました。見てください、花びら奥の細やかな刺繍を!

菊重ね 縮緬

菊重ね 縮緬

しっとりとした紅地に金糸、銀糸の入った菊花の刺繍。どの様な女性が装ったのか、思い巡らされます。邪気払い、無病息災、不老長寿の願いをこめた、めでたい模様です。

TOP